FC2ブログ

初回は全て“信じる”で

ヘッドホンを掛けるため、タオルハンガーを買ってきた。両面テープを使う場合、300gまでと表示されていた。複数のヘッドホンを掛けるとオーバーしてしまうが、やってみるか。貼りつけた翌日、ハンガーが落ち始めた。ああ、やっぱり。剥がれた場所を見ると、両面テープとハンガーが接着していたところ。壁に付いたテープを剥がすのにとっても苦労した。何だよ、ハンガーの素材とテープが合わないせいじゃないか。
別の両面テープで同じ場所に貼って一件落着な日曜の夜。


さて、『NeoATLUS1469』の話。
楽しそうな『Nintendo Labo』と発売時期がビッタリ重なってしまった。もちろん『Labo』も面白そうだが、昔から興味があったタイトルが現行機に移植されたとあれば、やるしかないじゃない。『Labo』は今後も売るだろうけど、『NeoATLUS』は今を逃すと遊べなくなりそうな気配がぎゅんぎゅんするし。

携帯モードで遊んでいるが、特に不便なところはない。序盤はチュートリアルなのか、ゲームの進め方を教えてくれる。指南役のミゲルがヒゲのおっさんで一安心。表情も豊かで和ませてくれる。見た目がかわいいだけの小娘をあてがう軟弱なゲームとは違うのだよ。


イベントが次々起こって面白い。詰まるところもあまりないけど分かりづらいところがある。いろいろやってみて分かったのは、貿易航路を開く時に一つの街から引ける航路は一つだけ。後で別の航路を引こうとしても、設定できないだけだった。ちぇ、複数の街と交易はできないのかあ。それと、探検船団や貿易船団を廃止する時は船を売却してしまう。別の航路に使い回すとか考えないのか。不経済な気もするが、船の管理を考えると手放すほうが楽なのかもね。


もっと分かりづらかったのは、沈没船の捜索。街の沖合に沈んでいるという船を見つけろと言われたので、潜水作業が得意という提督を派遣した。しかしちっとも見つからない。探検航海に何度出しても手ぶらで帰ってくる。ヒントが浮かんでいる場所を通っているのになあ、どういうことなんだ? と地図を拡大したところ、開けていない宝箱が見えてきた。

あ、これか。

この宝箱を見つけて沈没船を出現した後、調査派遣したらあっさり成功。何だ、拡大が足りなかったのか。それからというもの、拡大はぐっと深くして、見つけた地表をくまなく探すようになった。宝箱、街、何でもいいから出てこいや。


今はアフリカ大陸の南端を見つけたところ。次はインドを目指すけど、西回り航路も並行してやってみたい。でも今作れる探検船団は3つ。東回りで1、西回りで1使うと、戦闘船団か調査船団のどちらかしか作れない。貿易船団も5つしか作れないし、もっと船団作りたいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Nintendo Switchで『プロ野球 ファミスタ エボリューション』、
Wii Uで『Wii Fit U』、
3DSで『ザ・ローリング・ウエスタン』、
PS2で『エースコンバット04 シャッタードスカイ』、
PSPで『エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション』、
iPadで『どうぶつの森 ポケットキャンプ』、
アーケードで『SEGA World Drivers Championship』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター