ジャンプボタンで混乱

キットを買って作ったFMラジオを聴いていたら、どうも受信状態が悪い。置く場所を変えて、アンテナの向きを調整していたら、アンテナが折れた! 無理に曲げたつもりはないんだけどなあ。根元の回転が固くなってて、アンテナに力がかかったみたい。ちぇ。

さて、『いっしょにチョキッと スニッパーズ』の話。
『ゼルダ』の合い間にちょこちょこ遊んで、1人用をクリアしてしまった。どんな形にすれば条件を満たせるのか、高さや向きを変えて、動きを工夫して、最後は気合いと根性でやっつけた。正解は多分いくつもあって、そのうちの一つを見つけただけだが、達成感は得られた。正解はプレイヤーの数だけ存在すると言ったら大げさだけど、あながち間違ってはいない気がしないでもない。

一番の敵はJoy-Conの薄さと小ささに慣れていないこと。ストラップを付けると持ちやすくなるのは確かだが、LとRでスティックの位置が別の場所にくる。ZLとZRの出っ張りも指に引っかかるような、逆に邪魔なような。ミニファミコンの小さくなったコントローラと大きさが似ていて、先にミニファミコンをプレイさせて慣れさせておこうって寸法か、なんて思ったり。もっとも、違和感があるのは最初だけで、そのうち慣れるのでご安心を。

最後まで慣れなかったのはボタン。右でカット、下でジャンプ、左でカット前に戻る、上で操作キャラ交代。こちとら『ゼルダ』のプレイ時間が圧倒的に長いもんで、上=Xボタンでジャンプが染みついてしまっている。『スニッパーズ』でもジャンプする時に、上を押してしまが、キャラは動くことなく操作するキャラが交代するだけ。結果、ジャンプさせるはずのキャラは全く動かず、動かす予定のないほうのキャラに操作が移る。思っていたように動かないばかりか、別のキャラを動かしててパニック、てのは終盤まで起こった。

同じことが『スプラトゥーン2先行試射会』でも起こった。『1』ではXボタンでジャンプだったのが、『2』ではXボタンでマップ表示、Bボタンでジャンプに変更されたことにより、ジャンプするつもりでマップが開いてパニックになった。操作系統、統一するってわけにいきませんかねえ。

操作で言えば、キャラの向きを変えるのにSLとSRボタンを使うのは大正解だったと思う。多分ジャイロも試したと思うけど、Joy-Conを持つ角度を反映させるとかだったら、難易度は更に上がっていたはず。コントローラーを動かさずに持ち続けるなんて、絶対できないよ。ちょうどいい角度でカットとか、ジャンプするとか、考えただけでゾッとする。

話がそれちゃいましたが、『スニッパーズ』は一人も黙々と、何人かであーでもないこーでもないと、楽しめるゲームだと思います。
てなわけで、レッツプレイ! 『いっしょにチョキッと スニッパーズ』!
スポンサーサイト
プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Nintendo Switchで『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』、
Wii Uで『Wii Fit U』、
3DSで『テラリア』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター