メモを取ると見えてくる

気が付いたら2月も最後の日曜日。もう3月なのか。…え、3月? あ、Switchが出るのって今週じゃないの! うわー、もう出るのか。本体とゼルダは確保したけど、保護フィルムとケースを頼むのを忘れていた。当日組に混じって買いに行かなくちゃ。
ケースはともかくフィルムは良いのを買いたい今日この頃。

さて、『ファイナルファンタジー』の話。
相変わらずじわじわ進めていて、移動手段がついに飛空艇になった。これで移動中の戦闘から解放された。あー、旅が楽になるなあ。…なんて思ったのはほんの一瞬。北の大陸には、飛空艇が着陸できる場所がなかなか見つからない。目的地から遠くに着陸して、徒歩で移動することになる。当然敵と出遭って戦闘になる。むー、よくできてるなあ。

見かけた街で得た情報を書き留め、総合すると行く先がだんだん見えてきた。あっち行ってこっち来て、あれ持っててこれ渡して。ふむ、やっと繋がった。目的がはっきりするとプレイ意欲も増すね。

ただ、上級職にクラスチェンジした途端、キャラの頭身が上がってかわいくなくなったのはちょっとなあ。強くなったってことだからいいんだけどね。さ、続きだよ。
スポンサーサイト

ながらプレイで楽しんでます

『さよなら!ハコボーイ!』、完全クリアできた。本編、おまけともに終了。うんうん唸って考えても解けなかったのに、しばらく時間を置いたらスルッと解けたりする。達成感は味わえるし、きちんと終わりがあるし、パズルゲームって最高だな。
これからもいいパズルゲームで遊びたい今日この頃。

さて、『ファイナルファンタジー』の話。
もう30年も前のソフトだし、ファミコンで遊んだし、ノスタルジーに浸りつつプレイするかなと思って始めてみたら、これがまた楽しいのなんの。GamePad+Wiiリモコンで遊んでいることもあって、テレビを見ながら、ラジオを聴きながらでも楽しめる。ファミコンの頃のゲームって、GamePadの画面サイズがちょうど良いんじゃなかろうか。

どんな情報でも検索すれば見つけられるけど、ストーリーだけは調べてない。だって全部分かったらつまらないじゃない? 行く先を決めるのは町で得た情報だけ。どこへ行くのか、今進んでいる方向で合っているのか。ドキドキしながらコントローラーを操る。んー、しびれるなあ。

でも武器や防具、魔法に関してはガンガン調べる。ジョブによって装備できないものが多いし、使えないものを買ってギルを失うわけにはいかない。おかげで不要な買い物がなくなり、ギルが貯まり放題。早く次の町に行って、上位の魔法が買いたいなあ。今ならあるだけ全部買えるぞ。

一つ目のクリスタルが復活させたけど、アースの洞窟は探索が終わっていない。次の行き先がはっきりしてないし、もっかい探索してみるか。またギルが貯まっちゃうな、ゲヘヘ。

では1から順番に

『さよなら! ハコボーイ!』はおまけステージと並行して、本編のパーフェクトクリアを進めてきた。残りはただ1つ、ワールド21の3、だったかな? ハコロケットのステージで、どうしても王冠が獲れない。でも何か手があるはずだ。ハコをあちこち出したりひっこめたりして、挑戦していくぞ。
久々にクリアできそうな気配がしてきた日曜の夜。

さて、『ファイナルファンタジー』の話。
ニンテンドーeショップの50%オフセールと聞き、にわかにFF熱が甦ってきた。更にWiiUのバーチャルコンソールなら1から6までたったの2,160円で揃えられる。昔一通り遊んだ1から6だけど、現行機、あ、いや、生産終了しちゃったから、いっこ前の世代になっちゃったか。何にせよ、今また遊べるようになるのは嬉しいことだ。よしよし、一気に揃えることにしよう。

FF3はミニファミコンで始めかけたが、あれはテレビ画面を使う上、コントローラは有線でケーブルもそれほど長くないので、ほとんど進んでいない。だがっ! Wii Uにはっ! GamePadがあるっ! テレビを見ながらGamePadでも遊べるし、操作をWiiリモコンでも行える。む、これはいいぞ。

eショップでぽちぽちと買っているうちに、ダウンロードが始まる。遊べるようになった『1』を少し遊んでみよう。おお、いきなりジョブと名前入力か。どうしよう、何も考えていなかった…。そうだ、どうでしょうだ。どうでしょうで世界を救おう。危険にいつも先頭で突っ込んでいくミスターは戦士のみすたー、文句を言うのも大事な仕事の大泉さんはモンクのしぇふ、様々な企画を企んできた藤村さんは黒魔導士のふじやん、丹念に丹念を重ねる嬉野さんは白魔導士のうれしー。よし、これだ。

さあ、4人の珍道中を始めるぞ。
レッツプレイ! 『ファイナルファンタジー』!

あー面白いあー面白い

定期購読していた雑誌を読むのを止めることにした。創刊号から揃っているので何となく買っている気がしてきて、そろそろ止め時かなと。そう思っていたら何とプレゼントに当選したらしく、賞品が送られてきた。やってみたいゲームソフトだから応募したものの、本体を持っていないんだよね。ぐぬう、要らぬ運を使ったような、そして購読を止めづらくなったような。困ったなあ。
しばらく悩んだが、本体はいつか買うし購読は止めると決めた日曜の夜。

さて、『プチコンBIG』の話。
『プチコン3号』でのプログラムは一応できた。ではWiiリモコンに対応したプログラム作りだ。えーと、3号のプログラムをBIGに移すには…。どうやるんでしょう? 分からないので手打ちでプチプチ。…はい、できあがり。もっとスマートな方法があるはずだ。調べておこう。

エディット画面が4つになり、ちょっとしたテストを別の画面で作って動かし、動作を確認したらコピーしてメインのプログラムに追加できる。む、これは便利。買う前はUSBキーボードに対応してるのが一番の魅力だったけど、エディット画面が増えたことのほうが何倍もいい。

ではプログラムだ。まずは家中のWiiリモコンを持ってきて、一気に接続。電池はもちろんエネループ。たくさん持っててよかった。プログラムで接続状態を調べると、見える見える。どのボタンを押したかなんてことも分かる。これは面白いぞ。

SmileBASICの命令表と首っ引きで格闘。プログラムしては動かし、結果を確認してはまたプログラム。テストはうまく動くんだけど、メインのプログラムに組み込むと思うように動かない。むー、エディット画面だと考えがまとまらないなあ。一旦紙に書き出して、考えを整理してからじゃないと、抜け出せないのかも。

そんな試行錯誤も楽しさの一つ。納得できるまでうんうん唸ればいいさ。締め切りや納期があるわけじゃなし。
てなわけでレッツプレイ! 『プチコンBIG』!

寝かしても熟成するとは限らない

久々にUFOキャッチャーで景品ゲット。店員さんのアドバイスのおかげだ。取れないのをアームの握力や爪の角度のせいにしてたけど、そうじゃないんだと実感。
獲れそうなモノよりも獲りたいモノを優先しようと思った今日この頃。

さて、『Year Walk 最後の啓示』の話。
『Tiny Thief』、『Swords & Soldiers』と一緒に買って早一年。Tiny Thiefは全クリ、Swords & Soldiersは途中で難しくなって中断。なのにYear Walkはと言うと、全くの手付かず。キャンペーンのおまけでもらったこともあり、テレビ画面も使うこともあり、なかなかプレイする機会が訪れれないまま。

しかし昨日、ふとやってみたくなりプレイ開始。ラジオを聴きながらになったけど、ちょいと怖いシーンもあったので、逆に良かったかな。ありがとう、東京ポッド許可局。ありがとう、深夜の馬鹿力。

で、テレビ画面、GamePad画面をフルで使ってプレイすること、およそ3時間。画面に THE END と表示されたが、どうも終わった気がしない。もう1周周ったけど特に変わったところはない。…あ、ホントに終わったのね。今まで遊んだWii Uのゲームの中で、GamePad画面の情報が一番多かったんじゃなかろうか。

おまけで入手したせいもあるけど、値段分楽しめたかどうかはちょっとなあ。でも、また一つ、未クリアゲームが片付いたからよし。
てなわけで『Year Walk 最後の啓示』、終了!
プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Nintendo Switchで『スーパーマリオ オデッセイ』、
Wii Uで『Wii Fit U』、
3DSで『テラリア』、
iPadで『スーパーマリオラン』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター