感謝とおわびシリーズ第4弾

美味しく食べてるガリガリ君梨味だが、今年の分は製造終了だそうだ。暑い夏をガリ梨で乗り切ろうと思ってたのにぃ。
ブログ書いてる場合じゃないな。すぐにでも買いに行かなくちゃ。

さて、『パタポン2 ドンチャカ♪』の話。
感謝とおわびのパッケージのラストです。リズムに合わせてボタンを押すってのは苦手なので、楽しめるかなあと思ってましたが、まあまあ楽しんでます。この感じは何かに似てるなあ。あ、『アイルー村』だ。疲労で出撃できないこともないが、こっちが指示しないと進めないのはちと面倒かも。

とりあえず人数を増やして、さて進化をどうしようか。ちょっと攻略サイトでものぞいてみようかしら。あら、何だか随分制約があるみたい。体験版からやっとけ、このクエストは一度リタイヤ、このアイテムは2個獲れ、進化はこうしろ、などなど。読んでるだけで疲れちゃった。おかげでプレイ意欲も減退。んー、これはいけないなあ。

攻略記事を読むまでは楽しく遊べてた。ボタンをプチプチ押して、装備を少しずつ整え、進化をいろいろ試してた。進め方のレールの存在を知ってしまって、そこから外れているのに気付いた。修正しようと体験版をダウンロードしたり、もう一度やり直そうかとも考えたが止めた。だってそんなの楽しくないんだもの。

昔はゲームを隅々まで遊ぶことが目標の一つだった。イベントを全部見る、コレクションを完成させる、キャラを成長させる。それはそれで楽しかった。でも最近はもういいかって思い始めた。360の実績、PS3のトロフィーが半端でも気にならない。自分が楽しく遊ぶのが最大の目的だ。これからも楽しくゲームするぜ!

とか書いておきながら、実績にトライするのが楽しくなる時もあるから始末が悪い。結局、ゲーム好きってことでご勘弁を。
スポンサーサイト

スズキとテレビさんが好き

カードリーダーを買ってきた。SDカードとメモリースティックしか使わないので、この2種類だけに対応したリーダーにした。ちっちゃくて良いんだけど、持って歩く仕様なんだよねえ。短いケーブルが本体にくっついてるから、延長ケーブルを繋ぐのも不格好だし。まあいいや。使う時だけPCに繋ぐとしよう。これでめでたく、3DSのSDカードを16GBに変更できた。
空きブロックが脅威の108,880ブロックになって驚いた木曜の午後。

さて、『週刊トロ・ステーション』の話。
昨日からバックナンバーを消化している。PSNが中断していた間に10本以上も作られていたから、追い付くのも大変だ。

興味のある話題の時は見るけど、どうでもいい話題の時は視界から外し、音声も消して、終わるのを待つだけだから、そんなに苦ではないよ。

プラチナP会員になったので、コスプレゲームが遊べたり、みャイルがいつもより溜まるけど、ただそれだけ。ゲームは一度やればいいし、みャイルの使い道は全くない。やはり有料会員になるほどの魅力はなかったなあ。

や、でも『トロステ』自体は好きなんだよ。クロの頑張りについていけない時もあるけどね。今後もゲームの魅力を伝えてほしいと思っとります。よし、今夜もバックナンバーだ。

感謝とおわびシリーズ第3弾

FOXで「24シーズン8」を見ている。吹き替え版と字幕版の2種類が放送されているが、吹き替えのほうが分かりやすい。ジャックの声は小山さんじゃないとなあ。

さて、『勇者のくせになまいきだor2』の話。
感謝とおわびのパッケージPSP編です。『勇なま』シリーズには以前から興味はあったけど、買うまでには至りませんでした。魔物の生態系を作るってのは面白そうだけど、勇者を倒せとか魔王を守れとか時間制限とかが何だかめんどくさそうだから。今回は無料で入手できたので、めでたく勇なまデビューです。

まだトレーニングとチャレンジしかしてないけど、なかなか良い感じです。最初なので、ループさせた通路を適当に掘っていればクリアできるくらいがちょうどいいです。

こうなったら壁紙やテーマも勇なまで統一してやろうじゃないか! と久々にPSPでオフィシャルサイトを見たら、ダウンロードサービスが終わってやんの。おいおい、PC経由じゃないとPSPに入れられないのかよ? めんどくさいなあ。まあやるんだけどね。しかしソニーも姑息だなあ。PSNが停止している間にこっそり終わらせるなんて。

じゃ、作業にかかるのでこの辺で。

着替えさせようとするとバトルが長引く

CATVでフジテレビONE・TWOの番組を見る時は、目を皿のようにして見ている。CSなのに地震速報が入るなんて、それだけでもってのほかだが、ブロックノイズが入る確率が非常に高い。四角いノイズが現れるのはほんの一瞬だけど、気付いちゃったら気になって仕方がない。リピート放送を録り直してもまた入っている。他のチャンネルでは一切起こらない現象だ。
フジテレビが面白くない今日この頃。

さて、『どきすい』の話。
1周目終了。ラストバトルもメンバーをしっかり育てていたおかげで、すんなり勝てた。レベルは10あれば十分だ。あれ? 確かコスプレバトルと銘打っていたけど、頭部の失われた装備を補うことしかしなかったなあ。着せ替えるにはバトル中にIPを貯めなきゃならないし、結構難しい。

で、2周目。メンバーのレベル、持ち物、所持金も繰り越せるので、バトルで詰まることもないだろう。服をたくさん買って着替えを狙うのもいいかも。ストーリーは同じだから、何らかのお楽しみがなくては遊べないし。

頭部装備をたくさん用意してます

「SBR」23巻とか「テルマエ・ロマエ」IIIとか「ガンダムTHE ORIGIN」21、22巻とか、買ったのに読んでいない単行本があるのに、「伝染るんです。」~「ゴッドボンボン」~「はまり道」を読んでしまった。下の人ってすごい発見だよなあ。

さて、『どきすい』の話。
新しく加わるメンバーのレベルは1。既に10になったメンバーとの差が開きすぎている。レベルを上げるにも戦う相手はレベル8。普通のゲームなら一撃で倒されると思うけどさにあらず。

装備が頭部・上半身・下半身・靴下の四か所に分かれているので、どんなに相手の攻撃力が高くても一部の装備を破壊されるだけ。次のターンで新しい装備を着ければ、はい元通り。おお、何とゆるゆるなシステム。ありがたやありがたや。

戦闘には攻撃のクラッカーを4、回復のヤカンの水を4、後はIP0で着けられる頭部の装備をコスト一杯まで持っていく。ダメージを受けても装備をさせれば、レベルアップも楽々。

メンバー「あっ、マフラーが破壊された!」
リーダー「はい、新しい装備、ヘッドホンだっ!」

……って、何だかアンパンマンっぽいね。
プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Nintendo Switchで『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』、
Wii Uで『Wii Fit U』、
3DSで『テラリア』、
iPadで『スーパーマリオラン』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター