まだまだお宝探し

あら、もう8月じゃないの。どうりで暑いと思った。

さて、『Hey!ピクミン』の話。
ロケットを離陸させるエネルギーを集めて、家族の元に帰れた。エンディングは見たがお宝集めは終わってないし、オープンしていないステージがあるエリアもある。これでは終われないよね。未だピクミンを引き連れてうろついている。

一度クリアしたステージに再挑戦するので、どっちに進むのか、この先に何があるのか、大体分かってはいる。けれど、一度目で気づかない通路は弐度目でも気づかないね。水中を進むステージでは、なかなか別のゴールが見つけられずに苦労した。やっと見つけたゴールに入った時に不思議に思ったのは、その時連れてたピクミンだけでなく、ステージ途中に置いてきたピクミンも連れて帰ったことになったこと。あれ? 他のピクミンは綿帽子でぴょんぴょんしてましたけど? まあ、ピクミンがいる広場が賑やかになるからいいんだけど。

その広場のエネルギー探しもとっくに終わってて、たまに10キラが見つかるくらい。もう1カ所くらい探すスペースがありそうな気がして、いつ開くんだろうと心待ちにしてたんだけどなあ。

よし、次のエリアでお宝探しだ。行くぞ、ピクミン。
スポンサーサイト

まずは最後まで行ってみよう

電池の液漏れが原因で、掛け時計が動かなくなってしまった。壊れたのはムーブメントの部分だけなので、交換すれば復活するんじゃないか。電波時計ムーブメントを買ってきて、壊れたのと置き換えると、おお、動いた。電波の受信もできてるみたいだし、何だか大成功!
時刻合わせから解放された今日この頃。

さて、『Hey!ピクミン』の話。
エリアに単身乗り込んで、戦力となるピクミンは現地調達。それでもクリアして帰ってくるだけでなく、お宝まで拾ってくるなんて。オリマーさんは宇宙一強いんじゃなかろうか。

どうやら最後のエリアに来たみたい。獲り逃したお宝はたくさんあるし、行っていないステージもある。集めに行きたいけど、一度ラスボスってやつを拝んでからでもいいだろう。このまま進むぞ。

できればずっと遊びたいけど、3DSLLの重さが左手にのしかかる。親指でアナログパッド、人差し指でLボタン、他の指と手のひらで本体を支えるのはなかなか難しい。組んだひざの上に載せているけど、こりゃスタンドが必要だなあ。3DS用のスタンドか、何かいいのはあったかなあ…。お、Switchに使っている100均の木製スタンドがいい感じだ。角度がちょっと立ちすぎな気もするが、本体を支え続けるよりは楽だ。このスタンド、SwitchだけでなくiPadでも重宝している。む、いい買い物をしたな。

それにしてもピクミンの動きがかわいらしい。1匹も失わずに帰還できた時は、本当にうれしい。さ、ピクミンたちよ、広場でしっかりエネルギー探しをしてくれ。

つい上画面を押しちゃう

なめこ栽培装置であるところのiPadは絶好調。いつ落ちるかとビクビクしながらiPod touchを使っていたのと比べると、夢のようだ。だが欠点がないわけじゃない。それは重さ。仰向けに寝ると両手で支えるのが精一杯で、操作するたびに持ち替えなきゃならない。タブレット用のアームがあると便利そうだけど、バシッと固定できるものがあるかどうか。
天井から紐で釣るのはどうだろうかと想像している日曜の夜。

さて、『Hey!ピクミン』の話。
最初にやったピクミンは確かWiiだった。WiiUの『3』もやったが、一度さらっと通したくらい。やりこむにはボリュームがあり過ぎて、とても全部は遊べない。今もやってみたい気持ちはあるが、原生生物との厳しい戦いで、ピクミンたちをまた失うのは堪えるのでねえ。

そんな時にやって来たのが3DS版の『Hey!ピクミン』。アナログパッドとタッチペンで遊べるなら、今の私にも遊べそうな気がする。いやそれよりもだ、楽しかったピクミンの新作だぞ、買わねばなるまい。そんな期待と使命感が発売日に店へ走らせ、ソフトとamiiboを買わせたのだろう。

やることは特に変わらず、星から飛び立つためのエネルギーを求めてエリアに降り立ち、ピクミンを集めてお宝を手に入れる。行く手を阻む原生生物は、倒すのはもちろん、利用して道を開いたりもする。ピクミンは倒されるし、付いてくるのに遅れてはぐれるのもいる。うまくコントロールして全員をゴールまで連れていった時は、タッチペンを持つ手で小さくガッツポーズだ。

amiiboも使えるけど、今のところスプラトゥーンのamiiboを図鑑に登録したのと、ピクミンのamiiboに書き込んだくらい。ゲーム中では使ったことないけど、なくても遊べるはずだし、困った時には助けになるだろう。連れ帰ったピクミンが増えたらまた登録しておこう。

久々のピクミンは面白かった。一つのエリアに短めのステージがいくつもあるから、ちょっとの時間でも遊べる。これまでのピクミンは腰を据えて遊ぶイメージだったけど、かなりお気軽に楽しめるんじゃないかなあ。ではエリア3に突入だ。
てなわけでレッツプレイ! 『Hey!ピクミン』!

実際のプレイ時間は15時間でした

「ゲームセンターCX 10thアニバーサリーサウンドトラック」が届いた。まだ聴いてないけど、黒カービィのトレカに笑った。
おまけのステッカーが湿気で反るのを何とかしたい水曜の午後。

さて、『ピクミン3』の話。
たった今、ストーリーを終えたところ。ラストはちと厳しかったなあ。橋の材料が最後まで見付けられず、半日くらい無駄にしたかも。まあ、そういうところもひっくるめてピクミンだ。しっかり楽しませてもらった。

リーダーが3人いて、別々の行動ができるようになったけど、意識して使ったのは最終エリアくらい。あとははぐれたピクミンを回収に行くくらいだった。まあ、うまく手分けして並行作業ができれば、もっと早く行けるんだろうけど。そこを目指しても頭と指がこんがらがるから止めておく。

探索日数は44日、集めた果物は46個。クリア後のランキングを見ると、日数は平均くらい、果物は平均よりちょっと多いか。いや待て、全部集めてる人がかなりいるじゃないか。うわ、すげーな。とてもじゃないけど敵わないなあ。ほら、ランキングを見て自分の程度が分かりやる気がなくなる病が発症した。でもまだストーリーを1周しただけだし、も少し遊びたいね。次は果物を全部集めたいなあ。

あちこち行ってみればいいのね

昨日、ゲームセンターCXの生放送に付き合った結果、今の時間でもう眠くて眠くて。少し目を閉じていたら、すーっと眠れそうなくらい。しかしまだ寝るわけにはいかない。地上波生のCS版再放送も見なくちゃならんからな。
結果は知ってるから、ムシとりしながら見るとしよう。

さて、『ピクミン3』の話。
アルフが最初に降りた場所で、橋作りに勤しんできた。しかし橋の材料が見付からない。今いるピクミンで探し出すのは難しいだろう。行ける場所が増えたことだし、そっちの様子を見てこよう。

新しい場所に着陸するときはいつもドキドキする。新しい土地には新しい生物がいて、新しい果物が生ってて、きっと新しいピクミンも、お、やっぱりいた! 羽ピクミンは空を飛べる。ルートも無視して、オニヨンまで一気に持って帰れるな、とか思ってたんだけど、意外と低いところを飛ぶんだよね。おかげで運搬中に原生生物に襲われて、いつの間にか全滅してたりする。ずっとついて歩くわけにもいかないし、意外と難しいなあ。

それでもピクミンたちと力を合わせて、少しずつ進んでいる。ルートを見付けるのは好きなんだけど、戦うのはちょっと苦手。ついついAボタンを連打して、同僚まで投げてしまいがち。焦ると操作はミスするし、ピクミンも失ってしまう。いきなりピクミンを投げ付けるんじゃなくて、よーく観察するところから始めなくちゃ。分かったか、オレ。
プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Nintendo Switchで『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』、
Wii Uで『Wii Fit U』、
3DSで『テラリア』、
iPadで『スーパーマリオラン』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター