FC2ブログ

メインストーリーはなおざりに

ずらっと並んだガチャガチャの中に、ガリガリ君ポーチコレクションを発見。あ、これにイヤホンとかBluetooth送信機とか入れたら楽しそう。一つ回して手に入れて、いろいろと入れてみたんだけど、どうも思ってたのと違う。入れる物との大きさが合ってないのかなあ。
ガチャガチャの難しさを感じる今日この頃。


さて、『JUDGE EYES:死神の遺言』の話。
レシピコード探しは残り3個でギブアップ。47個は見つけ出したから余は満足じゃ。とても親切な攻略サイトのおかげで、すぐに見つけることができた。同時に「なぜここに気付かん」と自分の注意不足を痛感。

これで最強のパーツが手に入るぞ! と思ったら、開発するには素材が要るのね、やっぱり。だったら血眼になって探さなくても良かったかも。

サイドケースも片付けちゃったし、メインストーリーでも進めてみるか。うぉう、新谷先生。忠告したのになあ。面白展開続出のサイドケースと違って、メインストーリーはとってもシリアス。定期的にチンピラの四天王が現れるし、神室町って物騒な街だなあ。


メインストーリーを進めて第5章。倒れてるジジイを助けたら、どうやら仙薬作りの名人らしい。薬の効果はバトルで発揮される、んだけど、ガチャ押しでここまで乗り切ってきた私には効果のほどはよく分からない。ま、作っておいて損はないはずだ、多分。そして素材はどこで手に入れるのか? やはり街で拾うのか? 謎は深まる。


新しい章に入ったせいか、街で出くわすイベントも追加されている。歩いているだけでチンピラに絡まれてイラッとしたら、マップを開いてフレンドを増やすイベントを探す。ああ、何でもないイベントって楽しいなあ。そんなことしてるからストーリーがちっとも進まないけどね。急ぐゲームでもないし、じっくり楽しませてもらおうっと。
スポンサーサイト

結局任天堂の思うつぼか

暑い日が続くなと思ったら、今度は雨ばかり。そして7月とは思えぬ寒さ。
天気予報を見ながら何を着たらいいか悩む今日この頃。


さて、『スーパーマリオメーカー2』の話。
前作のWiiU版はやりましたよ。いくつかコースを作ったけど、まあ、大したものはできなかった。全世界のプレイヤーが作ったコースも遊んだけど、全自動か瞬殺かのほぼ二択でがっかり。そんなわけで第2弾と言われても、それほど欲しいと思わなかったが、よゐこが作ったコースは遊びたいなと思い、購入決定。

誤算だったのは、オンラインに加入していないと十分に楽しめないこと。オンライン対戦ができないのは覚悟していたが、コースのダウンロードすらできないのは予想していなかった。よゐこのコースをぜひとも遊びたかったのだが。


そうだ、マイニンテンドーに7日間無料体験てのがあったな。探してみたが、なくなっていた。さー、どうするか。…あ! 私、先月が誕生月で、任天堂からのメールに無料体験のコードがあったんだ。無料体験中でもコースのダウンロードはできた。よゐこのコース、む、難しいぞ。

あれさあ、オリジナルもアレンジも、ファイアクッパクラウンの溜め撃ちを忘れてたら進めないよねえ。思い出してようやくクリアして、何か気が済んじゃったなあ。

それでもコースは作りたいし、作ったらアップロードしたいし、他の人が作ったコースも遊びたい。仕方がない、オンラインに入ろう。12か月で2400円なら安いものだ。


たださあ、マリオメーカー2の紹介で、オンラインが必要ですよってもっと強力に言ってくれてたら、オンライン付きのほうを買ったと思うんだよね。そうなると出費が減って、他のゲームに回せる分が増えたと思うんですよね。例えば、マリオメーカー2そっちのけで絶賛プレイ中の『テトリス99』の追加コンテンツとか。その辺りをも少し考えて欲しかったというか、いつも丁寧な任天堂らしくないなあと思ったり。


けれども、コース作り自体は楽しいわけで、携帯モードでちまちま作ろうっと。
てなわけでレッツプレイ! 『スーパーマリオメーカー2』!(その前にちょっとだけテトリス。ちょっとだけ、ちょっとだけだから…)

こんなドローンなら欲しい

梅雨ですね。雨が続きますね。湿気が凄いですね。カビに注意しないとね。ペットボトルは開けたらすぐ飲まないとね。
健康第一な今日この頃。


さて、『JUDGE EYES:死神の遺言』の話。
メインストーリーを少し進めて、神室町は夜になった。ふふふ、これを待っていた。夜になって辺りが暗くなれば、キラッと光るドローンのレシピコードが見つけやすくなるはず! …と思ったんだが、コードが光るのはドローンが近づいてからだった。ちぇ。


それでもドローンを飛ばしながら注意深く見ていけば、ほら、街のあちこちにコードがある。ただ、白く正方形のコードに似たものはたくさんある。ビルの窓、店の看板、室外機。じっくり探したいけど、画面に集中し過ぎると酔ってくるので、画面から離れて遊んでくださいね。

かなり頑張って探して、50個のうち40個ほどを見つけた。残り10個。今更だけど、神室町の白地図があればなあ、見つけた場所をマークして、在り処の予想もできたんだけどなあ。よし、適当に飛ばすしかないな。通りごとにチェックだ。


ドローンで一番凄いのは、飛行時間の長さ。バッテリーの持ちが無限で何時間でも飛ばせられる。それに耐久力が高く、ビルや街灯に当たっても壊れない。…そりゃそうだわな、ゲームだし。
じゃ、そんなわけで神室町に行ってきます。

神室町は結構広い

雨が降らなそうでザーッと降ったり、逆に降りそうで降らなかったり、梅雨に翻弄されっぱなし。せめて折り畳み傘でも持っておこう。どうせなら晴雨兼用で軽いのがいいなあ。持ち手には「お前のじゃない」ってシールを貼るスペースが欲しい。ちょっと探してみよう。
最終的には実物を見て決めたい日曜の午後。


さて、『JUDGE EYES:死神の遺言』の話。
メインストーリーを放ったらかしにして、サイドケースに夢中。ストーリーを進めるにも、体力を回復するにも、何はともあれ資金は必要。サイドケースをクリアして報酬を得るのも大事なことだ、と言い聞かせて、神室町を歩き回る。目的地に移動する途中で、道端に落ちているネジやワイヤー、プラスチックを拾うのもまた、ドローンの開発のために必要なこと。表通りよりも遠回りな裏道をうろついて、落ちている物を拾っているけど、怪しい者ではありません、通報しないでください。


だいぶ前に受けたサイドケースで、猫に詳しい人を探そうってヒントが出たまま止まっているものがあった。猫に詳しいと言えば猫宮。奴とはフレンドになっているから、話は早いはず。お、早速向こうから歩いてきた。話をしようと近づくが、挨拶をされて会話にはならず。あれ? 猫に詳しい人って猫宮じゃないの? ってところでストップしていた。


他のサイドケースで移動してたら、通行人の会話が表示された。どうやら猫カフェができたとか何とか。そうか、猫カフェか。そんな施設もあるのか。どこにあるのかなあ。


また別のサイドケースで移動中、地図を開くと入ったことのない施設を見つけた。このビル、何があるんだろうと入ってみたら、そこが猫カフェ。おぉう、こんなところにあったのか。店の人に話を聞いて、長らく進んでいなかったサイドケースがやっと進展した。まだ行っていない場所があったとは。神室町は狭いようで広いなあ。

動き出したサイドケースはその後とんとんと進み、かなりの額の報酬を手にした。しばらくは金に困ることはないだろう。体力回復にしーすーでも食っちゃおうかな。


そうだ、サイドケースって、自分の事務所だけじゃなくて、弁護士事務所やバーでも受けられるんだっけ。そっちも見に行かなくちゃ。まずいなあ、ますますメインストーリーが進まなくなっちゃうなあ。

クッパがジャイアンに見えてきた

テレビを消して、部屋が一瞬静かになった。ん? テレビラックのほうから異な音がする。モーターな感じはするが、レコーダーは動いていない。・・・あ、冷却ファンだ。モデムを冷やすのにケースファンを動かしてたんだ。取り出してみるとホコリだらけ。掃除して戻そうと思ったが、ルーターも冷やしたほうがいいな。そんな時にはステレオUSBファン。モデムとルーターの両方をUSBコネクタ1つで冷やせる。ふう、持ってて良かった。
夏への備えを一つ終えた日曜の午後。


さて、『マリオ&ルイージRPG3 DX』の話。
ペルソナQ2が多分終盤に入り、ストーリーは緊張感増してるし、ペルソナ合体はうまい組み合わせが見つけられないし、何だかあんまり楽しくなくなってきた。どうしよう。


そんな時にはマリオ&ルイージ。これねえ、あちこちの店で安くなってて、いつか買ってやろうと思ってたのよ。失敗してもてへっで済むような、ゆるーい気持ちでスタート。・・・あー、このクッパ、いつものクッパじゃないけど嫌いじゃない。キノコたちは結局マリオ頼みでいつも通り、ルイージはちゃんと付いて来いよって思うけど、Aボタンがマリオ、Bボタンがルイージに割り当てられてるのを忘れがちな私のせい。マリオとルイージを一緒に動かしたければYボタン。ん、覚えた。

そしてクッパはXボタン。『スーパーマリオRPG』みたいにクッパも一緒に戦うのかと思ってたけど、どうやら別行動のようだ。いや、実際には一緒にいるんだけど、マリオとルイージはクッパの体内なんだわ。こんな設定だったとは。


今はクッパの中を吸い込まれたキノコたちやピーチを探しているところ。クッパの筋力を上げるのにマリオとルイージが筋肉に電流を流したり、クッパが飲んだ水の中を泳いだり。・・・あ、あの水、クッパが飲んだ水なのか。そう考えると少し嫌なので、いや、既に体内に取り込まれてるんだから、もういいか。よし、とっとと解決して出よう。


世界を救うとか、敵を討つとか、この街でのし上がるとかに疲れた時にいかがでしょうか。
てなわけでレッツプレイ! 『マリオ&ルイージRPG3 DX』!

上位カテゴリーで来るとは

急に暑くなったなあと思ったら、ここ数日何かちょっと寒な~い?
アイスのつもりで淹れたコーヒーをホットのまま飲む日曜の午後。


さて、『グランツーリスモSPORT』の話。
今日も今日とてGTリーグ。ビギナーから順番に走っていって、デイリーワークアウトを達成したら終了。1日に2~3戦しか進まない時もあるけど、ログイン日数が稼げるからよし。時々走るのを忘れるが、楽しく飽きずに走れる。

ビギナーからアマチュアは特に苦労もなく、まあ、ミスせずに走れば勝てるようになっているんだろう。でも、こないだのアップデートで追加されたアマチュアのノスタルジックカーフェスティバルで大苦戦。トップとの差が全く縮められない。速度の出る車に乗り換えても、状況は変わらず。なぜそんなに速いんだ?

こうなったら同じ車に乗るしかない。トップの車は、ふむ、コブラか。よし、買ってこよう。・・・ってこれ、N500じゃない!?


レースには参加する車のクラスというかカテゴリーが設定されてて、ノスタルジックカーフェスティバルではN400なのよ。なのでこっちの車をチューンする時も、N400に収まるようにしていたのに、自分はN500でしれっと走るってどういう了見だ?!

と、ぼやいていても始まらない。そっちがN500からこっちも、と思ったが、コブラをN400に落として走ることにした。指定より上のカテゴリーで走ると賞金が減るのよね。


結果は何とか優勝。やはり同じ車なら勝負ができる。いやあ、まさか上のカテゴリーの車を持ち出してくるとはなあ。今後はそういうこともやってくるぞと覚悟して走らなくては。

ようやく合体システムにも慣れて

Joy-Conが修理から帰ってきた。壊れていたアナログスティックはきちんと直っていた。よしよし。発送してからちょうど1週間。覚悟していた期間より早かった。おかしいなと分かった時に、とっとと修理に出すんだったね。送り返されてきた箱と緩衝材は、次の修理発送のために取っておこうっと。
もう一組Joy-Conがあってもいいかなと思い始めた今日この頃。


さて、『ペルソナQ2』の話。
多分最後のダンジョンに苦戦中。理由は分かっている。敵シャドウが強い、使うスキルが強力、弱点を突けるペルソナがいない、などなど。できることと言えば、シャドウの弱点を突けるパーティーメンバーを選び、補うペルソナを作る。これしかない。

そんなわけで、ベルベットルームで悩む日々。欲しいスキルを持つペルソナを使えば、継承はほぼ可能。役に立ちそうなスキルを集中させたペルソナは、戦闘にも合体にも重宝する。

最近のお気に入りは、高確率で敵の魔力速を封じる「サロメの口づけ」、封じの付着確率UP・大の「真・束縛の心得」、封じ付着中の敵へクリティカル率UP・大の「真・封殺の心得」を揃えたヨシツネ。敵シャドウのスキルを封じ、クリティカルヒットでダウンさせ、総攻撃を狙う、ナイスな取り合わせ。うまく使うと、強敵とも十分渡り合える。


今作りたいのは、各種属性スキルをまんべんなく持ったペルソナ。炎氷電風で1体、念核祝呪で1体あると、たいていのシャドウの弱点を突ける。初見のシャドウの弱点を探るにも、使える属性は多いほうがいい。できれば全体攻撃スキルがいいなあ。まずはペルソナフィルムから欲しいスキルを持つペルソナを呼び出して、ちびちび継承させるか。持てるペルソナの枠に余裕がある今ならできる。よし、ちょっとやってみるか。

プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Wii Uで『Wii Fit U』、
3DSで『マリオ&ルイージRPG3 DX』、
Nintendo Switchで『スーパーマリオメーカー2』、
PS4で『グランツーリスモSPORT』と『JUDGE EYES:死神の遺言』、
iPadで『どうぶつの森 ポケットキャンプ』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター