FC2ブログ

爆撃機が飛び立つ前に落とせ

寒い日が続いたと思ったら、急に暖かくなったり、何を何枚着ればいいのか、よく分からなくなる。もう少しならして徐々に変化していくようにできないもんだろうか。
と、最近の天候に文句を言いたい今日この頃。


さて、『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』の話。
『6』が2007年、『アサルトホライゾン』が2011年。UGBが弱体化されて嫌になった『インフィニティ』が2014年。数年おきにやってくるのがエースコンバット。本体ごと買わせる魅力があるタイトルの一つだ。その昔、『6』と一緒にXbox360を買ったように、『7』のためにPS4を買った。他にも遊びたいゲームはあったけど、きっかけは『7』なのよ。


本体にディスクを入れ、インストールを経て、やっとプレイ開始。ああ、画がきれいだなあ。お、最初の機体はF-16だ。この小ささが好きなんだよなあ。最初のミッションはチュートリアルか。はいはい、分かってますよ。目標をロックしてミサイルですよね。あら、リプレイは保存できないのかしら。ああ、そうか、ここから写真なり動画を撮れというのか。その割りに戻せないのは致命的だな。早送りも全然速くないし。

とまあ、楽しくもあり、文句もありな感想だけど、期待していたエースコンバットだった。自称歴戦の戦闘機乗りだけど、撃墜されることもあるし、クリアが厳しいミッションもある。昨日は目標得点を越えられずに苦労した。どこで高得点が出せるか、知らないとクリアが無理だよなあ。でも空戦が楽しいからOK。


次に乗りたい機体はF-2。機体ツリーですぐにでもオープンできるから、対艦ミッションが来たらすかさず乗るぜ!
てなわけでレッツプレイ! 『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』!
スポンサーサイト

はて? デイリーワークアウトとは?

こないだ、PSVRのレンズ部分に保護フィルムを貼った。柔らかいフィルムのせいか、メガネのレンズと当たってもコツコツ音がしなくなった。互いの傷防止になっているのかな? ただ、貼った場所が猫を飼っている家で、猫の毛が挟まってた。注意していたんだけど、作業した場所が悪かったな。
セロテープでゴミを取り除いた日曜の午後。


さて、『グランツーリスモSPORT』の話。
PS4(中略)キャンペーンで手に入れたうちの1本。SWDCを遊び終え、行き場のなくなったレース熱を受け止めてくれると思い、選択した。

グランツーリスモは確かPSの一番最初のをやって、爽快感を得られないまま序盤で終了した記憶しかない。ゲーム機で遊ぶんだから、シミュレーターよりもゲームとして楽しいほうを選びたいほうなので、デイトナとかアウトランとかクレイジータクシーとか、どっちかというとハチャメチャなほうを選んできた。そんなドリフトハッピードライバーはグランツーリスモを楽しめるのか。


起動すると、最初の1台がプレゼントされた。わくわくしながら確認すると、え、ヒュンダイ? なぜ? どうして? 日本車がないわけじゃないのに? 欧州車も山ほどあるのに? 何だかがっかり。

気を取り直してドライビングスクール。普通のコントローラーだけど大丈夫なようだ。R2トリガーのコントロールでコーナーを曲がるのが快感。プレゼントカーのポルシェがお気に入りで、アーケードでAI相手に走るのが楽しい。

VRにも対応しているので、『アストロボット』を遊んだついでにやってみよう。おお、曲がる先を見ながらのコーナーリングは新鮮だなあ…あれ? 何だか、気分が、良くないような…。オーバルコースを何周かと山の中のコースを数周したら、嫌な汗が出てきた。VR、手強いな。テレビ画面で遊ぶことにしよう。


オンラインじゃないと遊べなかったり、機能や用語が多すぎて何が何だか分からなかったりするけど、いきなりヴェイロンに乗れるのはゲームならでは。
てなわけでレッツプレイ! 『グランツーリスモSPORT』!

VRに強い体が欲しい

電動歯ブラシの替えブラシを買おうと思ったら、本体が販売終了だとさ。おいおい、買い替えかよ。うちの歯ブラシはまだ動くんだけどなあ。まあいいさ。新しくなったブラシも気になるし。
近所のスーパー、ホームセンター、ドラッグストアでの価格調査をしたい今日この頃。


さて、『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』の話。
VRの調整をいろいろしたせいか、それともただ単に慣れたのか、1ワールドを通して遊べるようになった。それでもあちこちぐるぐると見回すとグラッと来る。楽しいがワールド1つで休憩しなくてはならない。むう、なかなか難しい。

VR画面の中でロボットのアストロを操作するんだが、時々動かす方向が分からなくなる。アストロを見上げている時は、思ったのと違う方向に進んでしまう。まあ、落っこちても直前の中間ポイントから再開できるからいいけども。不満なところはその2点くらいかなあ。

そうそう、周囲を片付けておくのも大事。壁にコントローラーやヘッドセットを当てることになる。日頃から片付けていないと、いざ遊ぼうって時に余計な手間が発生する。ああ、VR画面の中はあんなに広々としているのになあ。


さてと、年末年始の特番もあらかた消化したし、次のワールドに行きましょうかね。
てなわけでレッツプレイ! 『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』!

本当に大バンバン振る舞いでした


あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします


さて、PS4の話。
PS4大バンバン振る舞い!今すぐカモン!キャンペーンに乗っかって手に入れたPS4とPSVR。それぞれ2本のソフトがダウンロードできるクーポンが付いてきた。どれをいただこうか、じっくり考えて決めた。

PS4は『Marvel's Spider-Man』と『グランツーリスモSPORT』、PSVRは『ASTRO BOT :RESCUE MISSION』と『V!勇者のくせになまいきだR』。楽しいと評判の2本と、VRの中でも酔いにくいだろうと判断した2本の納得の選択。

「アストロボット」は体験版をやったので「ゆうなま」。ヘッドセットを被って起動すると、目の前に、自分の周囲にゲームが広がる。あちこち見回していたら、いつの間にかキャラが自分の隣にいて驚いた。あちこち見回しているうちにヘッドセットがずれてきて、見にくくなることもしばしば。がっちり固定できるような装着方法をしなくちゃ。デコ全開でホールドするようにしよう。

自分の周囲が動かないので酔いにくいけど、長時間になると何となく気分が悪くなったような。慣れが必要なのかなあ。でも、『VR WORLDS』のロンドンハイストは楽しく遊べるから、どの辺に境い目があるのか、よく分からんなあ。

他のソフトすぐにも遊びたいけど、残念ながらテレビ画面は年末年始番組の消化で埋まっている。まずはそっちを片付けて、後でじっくり…、あ、PS4は『龍が如く6』が進行中だったっけ。まあまあ、みんなちょこちょこ遊ぼうな。

急がば回れと申しまして

年末です。大晦日です。押し詰まってます。遊びたいゲームはたくさんあるし、見たいテレビは山ほどあるし、レコーダーには再生待ちの番組がごっそり待機してるし。
どこから手を着けたらいいのか悩む大晦日の午後。

さて、『ペルソナQ2』の話。
メンバーが少しずつ増えてきて、できることが少しずつ増えてきて、プレイが少しずつややこしくなってきた。

メンバーを入れ替えてクエストに挑もう。彼らの武器・防具を新調し、適切な位置に配置し、出現するシャドウとの戦闘で有利になるようなペルソナを付ける。ここまでに結構な手間と時間が必要で、あれやこれやと入れ替えたり付け替えたりしている間に、だんだん正解が分からなくなってくる。

でもね、そこが楽しいんですよ。こいつをメンバーに入れたい、防具はお下がりでいいよね、欲しいスキルがないけどペルソナ合体で作れっかな、ぐあっ、ペルソナの空きがない。なんてことを楽しむのがペルソナでありメガテン。ここを楽しめなくなったらそこでプレイ終了ですよ。

そう言えば、メインのダンジョンに行く時は、メンバーがほぼ固定されているような。敵シャドウとの相性も考えて、もっと効果的な編成がありそうだ。ちょいと手間だが準備はしっかりしなくちゃ。サブペルソナを一旦外して、メインペルソナだけでも戦えるようなメンバーで挑戦だ。


今年もだらだらと書いてきたブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もこんな調子で喜んだり愚痴ったりしようと思っていますので、またよろしくお願いします。

興味は4ダンメがあるかどうか

クリスマスが近づくと山下達郎を聴きたくなるが、忘れちゃいけないのが大滝詠一。「NIAGARA CALENDAR」のクリスマス音頭でぶわーっと盛り上げていこうじゃないか。もちろん次に聴く曲はお正月。クールダウンして新年を迎えよう。
早く来い来いな今日この頃。


さて、『塊魂アンコール』の話。
塊魂はPS2で最初に発売された頃から大好きで、シリーズはほとんど遊んできた。PS2、PSP、Xbox360、DSi、PS3と機種が変わっても追いかけた。特にPSPとXbox360は塊魂を遊ぶために本体を買ったといっても過言ではない。残念ながらVitaは持っていないので未プレイだけど、サントラは持ってるというくらいの入れ込みよう。初代塊魂がSwitchで出ると知り、すぐに予約した。

予約してから待つこと数か月。届いたので早速起動。おお、王様久しぶり。また星を壊したんすね。いいでしょう、星作りますよ。塊をころころっと転がして、周囲のものを巻きこんでいくと、はい、星の完成。どうですか、王様。……お、びっくりしてる。なかなかの高評価。昔とった杵柄か、それとも少し優しくなったのか。

16:9と広くきれいになった画面で、思う存分塊を転がせる。Proコンのスティックで、Joy-Conのジャイロでごろごろしてみるのはいかがでしょう? 目と指が少々疲れますけども。
てなわけでレッツプレイ! 『塊魂アンコール』!

先が全く読めません

PSVR、いろいろ調整してるけど、自分の周囲の映像が動くと酔うね。逆に言えば、自分が動かずに止まっていれば大丈夫。そんなゲームはないものか。
せっかく買ったPSVRが早くも危機に瀕している今日この頃。


さて、『龍が如く6 命の詩。』の話。
このソフト自体は本体を買う前に持っていた。山下達郎さんの曲が使われていることもあり、PS4を買ったらやろうと思っていたソフトだ。幸運にも雑誌の懸賞で当選して、後はPS4を買うだけとなってから早2年。やっと本体を手に入れたので、プレイできた。どこで曲がかかるのかなあ、終盤の良いところかなあ、とか思っていたら、序盤でも流れて嬉しい。

内容はいつもの龍が如く。シリーズ作品で遊んだことがあるのは、PS2版『1』とPS3版『龍が如く OF THE END』。しかもどちらも序盤で挫折。どうも自分が進めるというか、ストーリーに沿って進むくせに、寄り道が充実してて、どう進めるのが正解なのかよく分からない。『OF THE END』のほうは単なるシューティング下手&方向音痴なだけ。あまり得意なほうじゃないけど、『6』はどうでしょうか。


ストーリーに沿って進んでいくのはいつも通り。マップに示された目的地に行けば、桐生さんの良い声とともに展開していく。1対複数のバトルに疲れ、ゲーセンを覗くとアウトランを見つけた。おお、神室町にあったのか。こないだSwitch版が配信されて、また買うのか、オレは何度アウトランを買うのかと、今一つ消化できなかったが、神室町で遊べるならしばらくはこれでいいか。


なんやかんやありまして、今は広島にいる。広瀬組の配役が豪華で驚いてるトコ。そして小野ミチオにようやく対面。なるほど、これはいいや。もう一度会いたいくらいだ。

ゲームを始める前にできるだけ情報を入れないようにしているので、ストーリーも知らないし、成長のシステムもあやふやだし、バトルはガードしないと負けるし、トラブルは2つしか解決できないし、不意にコントローラーを振らされたり。何よりもこの先どうなるのか、何をさせられるのか、全然読めなくてすげー楽しみ。

世間では『キムタクが如く』の話題で持ち切りなので、何周遅れなのかなあ。そんなことは気にせずに遊べるソフトなのは間違いない。
てなわけでレッツプレイ! 『龍が如く6 命の詩。』!
プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Wii Uで『Wii Fit U』、
Nintendo Switchで『塊魂アンコール』と『ゴルフストーリー』、
3DSで『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』、
PS4で『龍が如く6 命の詩。』と『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』と『グランツーリスモSPORT』と『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』、
iPadで『どうぶつの森 ポケットキャンプ』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター