FC2ブログ

ハブ、お前だったのか

立秋を過ぎたというのに、ちっとも涼しくなってくれない。仕方がないので扇風機をフル活用。自分はもちろん、外付けHDDにも風を当てる。人への効果は怪しいが、HDDの熱はほぼ飛ばしてくれる。よく見たらPCの吸気口にほこりがびっしり。これはいかん。掃除機で吸い取った。後はUSBコネクタの掃除をすれば完璧だ。
コネクタ専用クリーナーが欲しい今日この頃。


さて、『ドラゴンクエスト』の話。
HDMI-VGA変換アダプタのおかげでミニファミコンがPCの画面に表示できるようになり、セーブが簡単にできることもあって、ちょこちょこ遊ぶようになった。ゴールドマンを倒して貯めたゴールドでまほうのよろいを買って、守備力がどのくらい上がるか楽しみにしていたら、はがねのよろいと変わらない。倍以上の値段で買ったのに一緒かよ!

とか思ってたら、魔法攻撃に強かったり、数歩歩くとHPが1回復したり、追加効果が充実してた。なるほど、それでこのお値段だったのね。納得。


まほうのよろいを買うためにせっせとゴールドを貯めていた頃、セーブしようとリセットボタンを押すと、画面に何も表示されなくなることがあった。それまでのプレイも時空の彼方へ飛んでいった。ああ、なんてことだ…。最初は変換アダプタのせいかと思ったが、さにあらず。原因はミニファミコンへの電流不足だった。多分。

ミニファミコンと変換アダプタにはそれぞれ電源が要る。PCに繋いだセルフパワーのUSBハブからとっていたが、このハブは元々ワイヤレスマウスのレシーバーをPC本体から遠ざけるためのもの。レシーバーをPCのコネクタに直接挿すと、ポインタがうまく飛び飛びに動くので、仕方なく手持ちの古いハブを使っていた。

トラブルが起こった時、同じハブからUSB扇風機の電源もとっていた。そのハブの規格は1.1。個々のポートに流せる電流はそれなりにあったはずだが、ポート合計の電流もそれなりだろう。扇風機は特に電流を使うから、セルフパワーのハブでもミニファミコンがメインメニューに戻る電流は残っていなかった、ということではなかろうか。扇風機を使っていない時はちゃんと戻れてたし。


安心してプレイするにはハブを変えるしかないな。USB2.0対応で、ポート数が多く、電流がたっぷり流れるセルフパワーのハブを買ってきて交換した。まずはテスト。ミニファミコンを起動し、扇風機を回したまま、恐る恐るリセットボタンを押すと、おお、メインメニューが表示された。もちろんセーブもできてる。む、これにて一件落着。


原因が分からない時に失った経験値とゴールドは惜しいが、ハブが新しくなった上、空きポートが増えたからいいか。さて、メルキド目指して進もう。
スポンサーサイト

時間に余裕がある時にどうぞ

今年は本当に暑い。あまりの暑さに、躊躇なくエアコンを使えるようになった。でももういいです。もう勘弁してください。
明後日が立秋としってショックを受けている日曜の夜。


さて、「iTunes」の話。
暑くてぐったりな毎日だが、今日は気分がいい。なぜならiTunesに登録してあるファイルを、内蔵HDDから外付けHDDに移すことに成功したから。

音楽やラジオレコーダーで録音したファイルが思っていたより増えて、容量を圧迫していたのには気づいていた。たださあ、iTunesってデリケートやん? 保存場所をうかつに動かしたら聴けなくなるやん? でもこのままじゃ保存できなくなるから動かさなあかんやん? よし、動かそう。


まずは移動先である外付けHDDの確保だ。できるだけでかいのを調達したいが、予算には限りがある。売り場でむむむと唸りながら、3TBをゲットだぜ。次は移動方法だ。ぜひとも成功させたいし、手動で登録するのはやりたくないから、入念に調べたよ。何事にも先達はあらまほしきことなり。見つけた手順はというと…

1.登録してあるファイルを一つのフォルダに入れて、
2.そのフォルダごとコピーして移したら、
3.Shiftを押しながらiTunesを起動してコピーした先のライブラリを選ぶ。

こうやって書くと難しくはないけど、やってみたら時間がかかって大変だった。コピーするファイルが多すぎた。iTunesの作業の前に、ラジオレコーダーの管理ソフトである「Sound Organizer」に登録してあるファイルも移したから、手間も時間も2倍かかった。暑い部屋で黙々と作業をしてくれたPCに感謝。


移したファイルはおよそ500GB分。内蔵HDDが1TBだから、半分を音楽とラジオ番組で使っていたのか。移動した結果、内蔵HDDの使用率は32%、外付けHDDのほうは23%となった。うわー、これはもうスカスカと言っていいよね? 今後は残り容量を心配することなく、ガンガン録音できるぞ。わーいわーい。

人生と一緒や

殺人的な熱波を越えたせいか、その後の数日が涼しく感じた。おお、人間の適応能力って凄いなと感心していたら、また気温が上がってきてぐんにゃり。どうやら適応とかではなく、気のせいだったようだ。
今年の夏はバケツに足を突っ込んで乗り切ろうと目論む今日この頃。


さて、『ザ フレイム イン ザ フラッド』の話。
セールで半額になっていたので買った。キャラクターの顔がちょっと怖いのが気になるけど、早速スタート。

いかだで流されながらのサバイバル生活。時々陸地に上陸してアイテムを見つけ、道具や食料、水を調達。たまにある小屋で眠ったり、たき火で体を温めたり、パンや薬を作って進んでいく。生きていくには水や食料を摂り、体温を保ち、疲労を解消しなければならない。

水は汚水をろ過したり、ところどころに井戸があるので、そこそこ手に入れやすい。食料は自分で作るしかないのかなあ。とうもろこしからパンを焼いたり、生肉を調理したり、腐らないうちにガンガン食べる。クワの実は見つけたらすぐ食べる。

問題は雨。雨に濡れると体温が下がって最終的に死んでしまう。雨が降っている時はたき火も消えてしまうので、小屋で雨を
やり過ごせば疲労回復もできて一石二鳥。小屋が見つからなかったら、どうしましょう?


今困っているのはアイテム欄の少なさ。プレーヤーに12、同行犬に6、いかだに12の計30。水、食料、薬、包帯、罠、それらを作るための素材、いかだのアップデート素材もある。たき火を見つけたら調理しようと、今は使えない草までとってあるもんだから、そりゃ足りなくなるわな。

いかだに置いてあるアイテムは、いかだから離れると使えなくなるのは納得できるが、小枝というアイテムが5個と2個の2カ所に別れてしまうのはなぜなのか。これじゃ必要なアイテムを見つけるのも一苦労だ。むむ、ゲームにも捨てられない性格が出てしまっているような。


キャンペーンモードではゲームオーバーになっても、チェックポイントから再開できるようだ。持っていたアイテムはそのままなのかな? ありがたい。どうやら中盤を越え、終盤に入ったようだ。気のせいか雨に降られたり、オオカミやヘビの姿を見ることが多くなったような。敵は華麗にスルーして、きれいな水とジャーキーを携えて、要らんアイテムはどんどん捨てて進んでいこう。たき火と休憩できる小屋が出ることを祈って、出航!


計画通りにきっちり進めるのもいいけど、たまには行き当たりばったりで何とかしていくゲームもいいですね。
てなわけでレッツプレイ! 『ザ フレイム イン ザ フラッド』!

既存設備の有効活用

脳みそまでとろけそうな毎日。体にまとわりつく空気を常に動かし、少しでも放熱できるようにしなくては。対策として、USB卓上扇風機を購入。PC作業が少しでも快適になればなあ。
PCを消すという発想は持ち合わせていない今日この頃。

さて、『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ ジャンプバージョン』の話。
せっかく買ったゲーム機だ、しっかり遊んでやりたい。だがテレビも見たいし、ビデオも見たい。ゲームで画面を占領するわけにはいかない。何とかしてよー、ドラえもーん!

……

と、叫んでもドラえもんは応えてくれないので、素直にショッピングサイトで検索。HDMIをVGAに変換し、音声を別に出力できるアダプタを見つけた。これを使えばPCのディスプレイに表示できて、テレビを見ながらミニファミコンで遊べるのでは? 一時は小さめのテレビを買おうかと考えたが、まずはアダプタを試してみよう。

注文から数日、アダプタが届いた。さっそく繋いでみると、おお、ちゃんと映るじゃないの! 音声も別の端子からスピーカーに出力できて、ゲームを遊ぶには十分だ。む、いけそう感。


PCの接続も変更する。PCとディスプレイはVGA端子で繋いでいたが、ディスプレイにはDVI端子もある。PCの画面出力はVGAとHDMIなので、HDMI-DVI変換ケーブルで繋げられる。音声は有線からBluetooth接続にする。スピーカーが有線・Bluetooth両対応で良かった。変更するのは簡単だったけど、ディスプレイのDVI端子の側に変な出っ張りがあって、プラグに当たって繋ぎにくかったのが唯一の難関だった。最終的に全部きちんと繋がったのでよし。

調子に乗って、HDMI-VGA変換アダプタとミニファミコンの電源を一括管理できるように、スイッチ付きのUSBハブを買ってきて、電源を一本化した。すると表示ができなくなってしまった。別々に電源をとった時はちゃんと動くので、これは電力不足? 仕方ない、電源は別にしよう。


あちこち繋ぎ変えたが、追加したのはHDMI-VGA変換アダプタ、HDMI-DVI変換ケーブルのおよそ2000円。テレビを買っていたら数万円かかる上、置き場所にも困っていたはず。む、いい買い物をした。


PCでミニファミコン

ドラゴンクエストはじめました

紫色の煙が紛らわしい

バランスWiiボードの調子が悪い。乗れと言われて乗っても認識できないと降ろされたり、左右バランスよく立っているつもりなのに左に傾いていると言われたり。買ったのはいつだったかと調べると、2007年12月。おお、10年以上経っていたのか。そりゃ不具合も起こるわな。でもやり直しさせられるのは不愉快だなあ。
体重測定はしばらく止めようかと考えている今日この頃。


さて、『スーパーマリオ オデッセイ』の話。
発売されてから9カ月が過ぎたが、お宝写真が公開されたり、衣装が追加されたり、今でもちょこちょこ遊んでいる。バルーンファインドでコインを貯めて、店の衣装は全部買った。衣装タンスを見ると、服の数には★が付いているのでコンプできたはずだが、帽子には★が付いていない。むむ、どこかに隠してあるのか。

他にも獲り逃しているパワームーンやローカルコインがいくつかある。難しいアクションを要求されるパワームーンは置いといて、ローカルコインはクッパの国の残り3枚でコンプリートなのよ。何としても見つけたいと、スタートからゴール、ゴールからスタート、土管に入ったりあちこち見回したり、何度も往復しているけど、一向に見つからない。一体どこにあるのやら。他のゲームで忙しいから、頻繁にやるわけにはいかないのよね。困ったもんだ。

ま、どこかに逃げていくわけでもないし、次のお宝写真が公開された時にでももう一度探してみようか。それまでに分かりやすい場所に移動してくれたりとか、ないわな。

不思議なゲーム?でした

クラシックミニファミコンジャンプバージョンを買った。これでクラシックミニシリーズも3機目。小さくていいので、ミニシリーズ専用テレビが欲しくなってきた。16V型くらいのやっすいのを探してみようかしら。
夢が広がるクラシックミニ♪と歌いたくなる今日この頃。

さて、『ゴロゴア(Gorogoa)』の話。
またしてもよゐンディーからの購入。ふにゃべえ、ロロロロ、そしてゴロゴア。3本目は説明がとても難しいゲームだ。縦2マス横2マスの枠の中で絵を動かして繋げたり、スライドさせて重なっていた絵を分けたりしながら、少年を先に進めていく。ああ、やっぱりよく分からない!

文字や数字らしきものは出てこず、絵のみで進めていくのは新鮮だった。夢中になって進めていたら、買ったその日にエンディングを見てしまった。ああ、もっと遊んでいたかった。

2×2をパワーアップして3×3にしてみてはと考えたが、組み合わせが増えるし、マスが小さくなって絵も小さくなり、驚きも小さくなってしまうか。んー、難しいな。

システムは同じでいいので、また別のお話を読んでみたいな。と思わせてくれた1本でした。
てなわけでレッツプレイ! 『ゴロゴア』!

嬉しい誤算でした

えっ、もう7月なのっ?! 早い、早いよ、2018年。

さて、ブルーレイレコーダーの話。
ケーブルテレビのチューナーと繋いでいたDVDレコーダーでの録画も一段落。そろそろ接続をブルーレイレコーダーに変更しましょう。テストで録画してみましょう。チューナーからの映像は来てるね。録画するチャンネルを外部入力にして、録画モードは、あ、あれ? ハイビジョン画質で録画できるの?!

先代のブルーレイレコーダーでも、チューナーから録画できないかと試したことがあった。しかし、外部入力からの録画は標準画質でしか行えず、しかも時間が重なる他の予約録画はDRモードでしか録れない。バカみたいに容量を食うDRモードを乱発するわけにも行かず、断念した記憶があった。しかし新しいブルーレイレコーダーなら空き容量はたっぷりある。DRモードでの録画でも対応できるはずだ。

と、思っていたが、いい意味で裏切られた。もちろん、コンポジット出力だから画質は良くない。でもハイビジョン画質で録画できれば、BDディスクにダビングするのも楽にできるし、重なった他の録画予約の録画モードを変更する必要はない。むむ、知らぬ間に良い進化をしていたようだな。やるな、パナソニック。いい買い物をしたなあ。

そんなわけで地上波、BS、CATVを録画し放題の素晴らしい環境ができた。ぐふふふ、がんがん録ったるぜ。見るほうも頑張るぞ、おー!

続きを読む

プロフィール

ふみやん

Author:ふみやん
今のところ、
Nintendo Switchで『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』、
ミニファミコンジャンプバージョンで『ドラゴンクエスト』、
Wii Uで『Wii Fit U』、
iPadで『どうぶつの森 ポケットキャンプ』を遊んでおります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
FC2カウンター